最後に手を持ち上げてもそこに居続けようとする執着がかわいらしいです。